新緑

カーテンサイズの測り方

今まではカーテンの処分方法や購入する際の注意点などをご紹介しましたが、ここではカーテンサイズの測り方を教えちゃいます。
この測り方や測る箇所を間違えると、購入したカーテンが全く合わないという事態になってしまうので、きちんと正確に測りましょう。

リビングルーム一番間違えやすいのは、カーテンの幅を測る事です。
カーテンの幅はカーテンレールギリギリの長さではなく、レールランナーが端っこに止まっている状態の端から端を測ります。
カーテンレールだけの長さを測っていると、長すぎてしまうので注意して下さい。

そして次は、カーテンの丈(高さ)を測ります。
これもカーテンの幅同様に、レールランナーの穴から床や窓枠までの長さを測ります。
掃き出し窓の場合は、床まできっちり測って下さい。
腰窓の場合は、窓枠の下まできっちり測って下さい。その際は、垂直に測れているかがカギになります。窓枠を利用すれば、斜めに曲がることなく測れます。

この採寸を間違えてしまうと、カーテンが合わなくなってしまうので、正確に測って下さい。
カーテンは長すぎても短すぎても、窓の印象だけでなく部屋の印象までも変えてしまいます。まだ長すぎた場合は切ればいいのですが、短い場合は付け足す事が出来ません。
なので、カーテンのサイズを測るのは、細心の注意を払う必要があります。

ページのトップへ戻る